プロアクティブプラス口コミ

プロアクティブプラス口コミ評価プロアクティブがリニューアル


ニキビ悩みも解消!<プロアクティブ+>安心の60日間返品保証でお試し4,900円!

 

プロアクティブプラステレビコマーシャル
よくしてますね。

 

プロアクティブプラスはプロアクティブが進化してリニューアルされたんです。
芸能人の間でも使ってる人多いですね。

 

村上くん、春香クリスティーン、志田未来などなど
ニキビで悩んでる人って多いですよね。

 

 

赤ニキビ白ニキビ顎ニキビフェイスラインのニキビ
大人ニキビ思春期ニキビ。

 

 

ニキビの原因となるアクネ菌は、汚れや皮脂を栄養分として繁殖します。
ニキビを予防するためには、アクネ菌の餌となる汚れや、余分な皮脂を落として、
清潔な肌を維持することが、何よりも大切です。

 

洗顔料、美容液、クリームの3ステップで、
ニキビを予防するプロアクティブには、ニキビに効果的なサリチル酸が配合、
スマートターゲットテクノロジーの働きで、有効成分が毛穴の奥まですばやく浸透します。
また、ニキビに悩む人の多くは、同時に肌あれやくすみ、乾燥などの肌トラブルを抱えています。
プロアクティブには、保湿成分や美白成分も配合、
ニキビをケアしながら潤いを与え、透明感のある素肌へと導きます。

プロアクティブ使い方

洗顔

スキンスムージングクレンザーは、泡を立てずになじませる洗顔料です。
ティースプーン1杯分を、濡らした顔の目元や唇を避けて伸ばしてマッサージ、
ぬるま湯でよく流したら、水気をタオルで押さえるようにふき取ります。

 

美容液ポアターゲティングトリートメント

パール粒大を、目のまわりを避けて優しく伸ばしたら、
両手の手のひらを使ってハンドプレス、顔全体にしっかりなじませます。

 

スキンブライトニングハイドレイター

ポアターゲティングトリートメントと同じようになじませたら完了、
1日2回、朝晩のお手入れで、ニキビのできにくい、健やかな肌が手に入ります。

プロアクティブ期間限定3ステップセット無料2個プレゼント
7900円3000円引き4900円税込み送料600円
60日間返金保証
プロアクティブブラシとスキンクーリングセラム

 

 


ニキビ悩みも解消!<プロアクティブ+>安心の60日間返品保証でお試し4,900円!

ニキビタイプ別ケア方法

ニキビというと、オイリー肌にできやすいと思いがちですが、
どんな肌質であっても、ニキビが絶対にできないということはありません。
オイリー肌や乾燥肌、混合肌など、
それぞれの肌質に合った予防やケアをすることが大切です。

 

乾燥肌のニキビケアに重要なのは、潤いを与えることです。
洗顔後に使う化粧水は、浸透力の高いビタミンC誘導体や、
潤いを抱え込む働きを持つヒアルロン酸が配合されているものを選ぶと効果的です。
その後には、潤いを逃さないよう、クリームでしっかりフタをします。

 

オイリー肌のニキビケアのポイントは、洗顔です。
肌をべたつかせる皮脂を洗い流すことが、効果的なニキビ予防となります。
ただし、洗顔料の使いすぎや、洗いすぎはタブー、
何度も洗うよりも、1日2回程度の正しい洗顔が大切です。

 

乾燥している部分と、油っぽい部分、
二つの特徴を併せ持つ混合肌の場合、ケアも2種類必要です。
べた付きやすいTゾーンには、洗顔料を使ってしっかり洗顔、
乾燥しがちなUゾーンには、しっかり潤いを与えるようにします。
また、もともとはオイリー肌なのに、肌表面だけが乾燥している、
そういう場合は、エアコンなどの外的な環境による影響が大きいもの、
加湿器などの活用も、ニキビケアの一つの手段です。

 

紫外線や花粉など、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌のニキビケアは、
刺激をできるだけ抑えることが大切です。

肌に刺激を与える成分を配合していないスキンケアを選ぶのはもちろんですが、
洗顔をするときにも、泡立てネットで作ったきめ細かい泡を使う、
タオルでふき取るときにも、ゴシゴシこすらず押し当てるように使うなど、
ちょっとした工夫で、刺激を抑えることができます。

 

アトピー性皮膚炎の治療のために、ステロイド剤を使用していると、
免疫力が低下し、ニキビができやすくなります。

ニキビを改善しようとすると、アトピー性皮膚炎が悪化してしまう可能性があるため、
アトピー肌のニキビケアは、かかりつけの医師と相談が何よりも大切です

 

子供の頃にはツルツル、スベスベの肌だったのに、
中学生くらいになったらニキビが目立つように…、
これが思春期ニキビです。

 

子供から大人へと、心も身体も成長しようとする思春期には、
成長ホルモンの分泌が増加します。
テストステロンやエストロゲンなどの成長ホルモンは、
ニキビの原因となる皮脂の分泌を過剰にする働きもあり、
ニキビのできやすい肌になってしまいます。
また、勉強やクラブ活動、友人関係など、
大人への道のりにはストレスもつきもの、
これらのストレスもホルモンバランスを乱し、
皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。

 

思春期ニキビの予防とケアには、正しい洗顔が最も効果的です。
あくまでも余分な皮脂を落とすことが目的なので、
乾燥を引き起こす洗いすぎには、注意が必要です。
使用する洗顔料は低刺激のもの、
泡立てネットで作ったきめ細かい泡を使う、
ふき取るときにはゴシゴシこすらないなど、
余計な刺激を与えないことも大切です。

 

ひどいニキビも、大人になればよくなる、
そう言われていたのに、大人になってもやっぱりできる、
そう悩んでいる人も少なくありません。

 

思春期ニキビと違い、大人ニキビの原因は複雑です。
まず一つは、思春期ニキビと同じ皮脂過剰です。
社会人になると、学生の頃よりも強いストレスを感じることが多いもの、
ストレスによってホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
そしてもう一つは、加齢や生活習慣などによって、
肌が持つバリア機能が低下していることです。

 

大人ニキビをケアするためには、肌を優しく扱うことはもちろん、
生活習慣を見直すことが重要です。
特にバランスの良い食事や、睡眠時間の確保は不可欠、
適度な運動や夢中になれる趣味などで、
ストレスを上手に解消することも、ニキビケアの手段となります。

ニキビ悩みも解消!<プロアクティブ+>安心の60日間返品保証でお試し4,900円!

 

ニキビ跡の種類

ニキビは治っても、炎症を起こしたニキビは周囲の肌の組織を破壊し、
傷跡が残ってしまうことがあります。

 

そんなニキビ跡には、いくつかの種類があります。
まず一つは、比較的軽度で、よく見られる症状である赤みです。
これは、炎症によるダメージを修復しようと、毛細血管が作られるために起こります。
毛細血管が増えて流れる血液が増えたことと、炎症によって皮膚が薄くなったこと、
この二つの原因が重なり、皮膚の赤みが目立つ状態です。

 

もう一つは、これもよく見かける色素沈着です。
茶色いシミのような色素沈着の原因は、メラニン色素です。
メラニン色素は、紫外線や炎症などの刺激から、肌を守るために分泌されるもの、
ニキビが治ったばかりの肌は、ターンオーバーが正常に行われないため、
通常ならば剥がれ落ちるはずのメラニンが、残ってしまうことがあります。

 

ひどい炎症は、皮膚の表面だけでなく、真皮層の組織まで破壊してしまいます。
新たな皮膚細胞を生成する働きを持つコラーゲンが破壊されるため、
ダメージを受けた真皮が修復されにくく、凸凹したクレーター状態になります。

 

さらに、肌の奥にまで炎症や化膿が進むと、硬く盛り上がったしこり状の跡ができたり、
同じ部分で繰り返し炎症が起こると、ケロイドのような状態になることもあります。

 


ニキビ悩みも解消!<プロアクティブ+>安心の60日間返品保証でお試し4,900円!